ビジネス書

【介護職おすすめ本】人間関係に悩んだら読む!名著「嫌われる勇気」をレビュー

こんにちは。

  

現役介護士のりょーま@Ryoma_Sugiです。

この本は、

受験生
受験生
人の目ばかり気にしてしまう・・
受験生
受験生
職場の人間関係に悩んでいます・・

といった悩みを持つ方におすすめです。

 

この記事では、本の重要なポイントやすぐに使える具体的な行動策までお伝えします。

ビジネス自己啓発本ではありますが、人生にも役立つ哲学書だと思っています。

ぜひ最後までお読みくださいね。

 

 

りょーま
りょーま
私の人生でTOP10に入るくらい心に刺さる本でした!
りゃーまくん
りゃーまくん
いわゆる名著やな。

 

「嫌われる勇気」はどんな本?

フロイト、ユングと並び心理学の三大巨塔と称されるアルフレッド・アドラーの思想(アドラー心理学)をわかりやすく解説してくれる本です。

アドラー心理学は「どうすれば幸せに生きれるか?」という問いに、「他者の課題を切り捨てる」「ありのままの自分で前へ進む」「今ここを生きる」といった具体的な答えを解説してくれています。

全てに共通するのは、とにかく合理主義的な考え方で、どんな状況でも今の自分より着実に前進をするという考え方となっています。

 

著者のプロフィール

著者プロフィール
  • 岸見一郎氏(写真右)

哲学者。1956年京都生まれ。

高校生の頃から哲学を志し、京都大学進学後はたびたび先生の自宅に押しかけて議論をふっかける。専門の古代哲学と並行して、1989年からアドラー心理学を研究。

精力的にアドラー心理学や古代哲学の執筆・講演活動、精神科医院などで多くの青年のカウンセリングを行う。

 

  • 古賀史健氏(写真左)

フリーランスライター。1973年生まれ。書籍のライティング(聞き書きスタイル)を専門とし、ビジネス書やノンフィクションで多くのベストセラーを手掛ける。

20代の終わりにアドラー心理学と出会い、常識を覆すその思想に衝撃を受ける。

(画像は現代ビジネスWEB、本文は本書より引用)

 

本の要点まとめ

 

1 他者の課題を切り捨てる

文中に「馬を水辺に連れていくことはできても、水を飲むか飲まないかは馬が決める」という表現が出てきますが、自分のできることと他者にできることを区別する必要があります。

そのためには、まず目の前の課題は「誰の課題か」を考えて、自分の課題と他者との課題を明確にします。

そして、他者の課題には介入せず、自分の課題だけに集中することが大切です。

環境が変わるのを待つのではなく、他人が変わるのを待つのではなく、自分が変わる心理学なのです。

 

2 嫌われる勇気を持つ

アドラー心理学では、全ての悩みは人間関係の悩みであると考えています。

つまり、地球上に1人だったら悩みは生まれないのです。

他者の評価を気にかけず、他者から嫌われることを恐れず、承認されないかもしれないというコストを支払わない限り自分の生き方を貫くことはできません。

嫌われる勇気を持つことで対人関係から自由になれるのです。

 

3.今を真剣に生きる

人生は「今」という点の連続であり、過去も未来もないと説いています。

つまり、過去にどんなことがあったとしても、未来を心配しすぎても、私たちは今ここにしか生きることができないということです。とてもシンプルなメッセージ。

「ダンスをするように生きる」という表現が出てきますが、人生の目的などはなくいかに楽しく人生を過ごすかに集中しましょう。

 

具体的な行動

さいごに、私がこの本を読んで実際に行動したことを紹介します。

 

  • 毎日の仕事で得た知識を積み上げていく
  • 他者の評価は気にしないようにした
  • プライドは捨てて、同僚と自分を比べない
  • とにかくこの瞬間を楽しむ

 

りょーま
りょーま
頭では分かっていても中々実践できないんですけどね。

 

まとめ

ホリエモン、西野さんなど今の時代の最先端をいく人達とも似た心理学だと思いました。

本書は対話形式でやや要点がわかりにくい部分もありますが、今まで多くの本を読んできた中でもトップクラスで刺激を受けた名著でした。

 

 

この本から学んだことを着実に行動に移していきたいと思います。

 

最後までお読み頂きありがとうございました。